企業研修 ビジネス英会話 オンライン英会話 ネイティブ講師

オンライン英会話で企業研修

海外との取引の多い企業、外資系企業、あるいは外国人を雇用している企業では、

 

英会話をかかすことができません。

 

英会話なしに、業務を遂行することはできないからです。

 

直接、海外との取引がない会社でも、同じ業種の企業が海外に存在するのが一般的です。

 

その場合、海外企業の論文や特許を調査することがあります。そのような場合、

 

英語はかかせないビジネスツールとなります。

 

このように、現在、企業に勤めているかぎり英語能力が必ず必要となってきています。

 

30年ほど前までは企業の英語研修は、英語講師を社内に呼んで行うことが普通でした。

 

社内の若手社員を数十名会議室に集めて、一人のネイティブ講師が教科書を使って講義をする研修するスタイルです。

 

この方式では、旧来の学校における英語授業と同じで、個人の英会話能力を高めることは難しいと言わざるをえません。

 

個人でネイティブを相手に英語を話してみるチャンスはほとんどないからです。

 

この経験を踏まえた改善でしょうか、最近は社員が英会話スクールで勉強し、会社はその勉強のための補助金を出す

 

という社内教育制度が増えていています。

 

社員個人の英会話レッスンに切り替えた訳です。
一般的に言って、どの会社でも今は個人が専用のパソコンを使って業務を行っています。

 

また、国内外に多くの支社や拠点を持つ会社はテレビ会議が普及してきています。

 

これらの業務に使用している機器を使って英会話のレッスンができるオンライン英会話
(またはスカイプ英会話、Skype英会話)が英語研修に普及し始めています。

 

そのメリットとは、何でしょうか。

 

★ 英会話スクールに通学することなく、会社に居ながら英会話レッスンを
受けることができるのです。

 

グループレッスンであれば、会議室でテレビを使ってのレッスンとなります。
気心の知れた4人程度で英会話レッスンをすれば、ネイティブ講師を交えて
英会話が弾むでしょう。

 

マンツーマンレッスンを希望する社員には、自分のパソコンを使っていただけます。
周囲の方へ配慮が必要なら、小部屋やブースを拝借してレッスンを行うことができます。

 

 

☆ 英会話スクールに通学する、あるいは英語講師を会社に
派遣してもらう場合に比べて、圧倒的にレッスン料金が格安となります。

 

ある試算では、英会話スクールのレッスン料金の1/3から1/4の費用に
抑えることができるのです。

 

しかも、レッスンは少人数なのですから英語研修に適した英会話学習法と言ってよいでしょう。

 

ネイティブ講師によるレッスン品質を維持しながら、利便性、格安性が優れているのが
ネイティブ講師系オンライン英会話の特徴となっています。

 

企業研修では英会話力の向上が数字で分るよう、研修期間前後でTOEICテストを受ければ、
その効果を実感していただけるでしょう。

 

 

 

>> オススメのネイティブ講師系英語研修スクールはこちら

 

 

ブログランキング