初めてのビジネス英会話研修2

初めてのビジネス英会話研修2

会社が海外顧客と商業取引をしている場合や、海外進出をしている場合、
社員は何らかのビジネス英会話研修を受けることになるでしょう。

 

年代順に考えると、最初にビジネス英会話研修を受けることになるのは新入社員でしょう。

 

この新入社員は、入社試験時に英語のテストを課せられて、そのテストを
突破してきた新人です。

 

ところが、英語能力レベルを調べてみると、個人によってかなりその能力に
ばらつきがあるのが実情のようです。

 

この場合、ビジネス英会話研修を実のあるものにするには、大まかに初級、中級、上級
でも構いませんので、クラス別けすることが大切です。

 

会社の研修ですので、グループレッスンになる場合が多くなります。
一つのグループに能力的に差がある社員がいると、実際に英会話レッスン
をしていても、お互いに実りある研修になりません。

 

初級の社員にとっては、話している英会語が理解できす、前に進めません。

 

上級の社員にとっては、ネイティブ講師と楽しく英会話できるのは良い
のですが、一人何も話をせずに黙って座っている社員がいるのは、
気持ちの良いこととは言えません。

 

クラス別けする必要性がそこにあるのです。

 

次にビジネス英会話研修の対象になるのは、中堅社員です。
中堅社員は、実務を担っている中心的グループですので、会社としても
最も力を入れて英語研修をすることになります。

 

それなりに仕事の経験を積み、海外顧客とも打合せの機会を経験した
社員が多いことになります。新入社員に比較してビジネス英会話能力には
大きな差が無いと言って良いでしょう。

 

そうは言っても、中堅社員にとっても初めての英語研修となります。
それは、会社はワンランクアップの英会話能力を求めているからです。

 

本格的に外国人と交渉する能力、自分の担当分野について技術的専門的
な説明ができるようになることを求められています。

 

最後に、マネージャークラスのビジネス英会話研修があります。
会社の代表として、顧客に挨拶することや顧客のニーズを的確に把握
することは大切なことです。

 

長年のキャリアがありますので、場面に
応じた適切な英語表現力の訓練が主体となるでしょう。

 

 

いすれの階層においても、ネイティブ講師が居るオンライン英会話
(スカイプ英会話、Skype英会話とも言います)が適していると言える
のではないでしょうか。

 

 

4人程度のテレビ会議方式のグループレッスンは、新入社員、中堅社員研修に、
マンツーマンレッスンはきめ細かなレッスンができるので、マネージャー
クラスのビジネス英会話研修に最適です。

 

 

 

また、格安性、早朝から深夜まで可能なレッスン、通学することなくレッスン
を受けられる利便性は、会社や法人のビジネス英会話研修に最適と言って良いでしょう。

 

 

 

オンライン英会話

 

 

 

>> オススメのネイティブ講師系英語研修スクールはこちら