ビジネス英会話にオンライン英会話

オンライン英会話の柔軟な英語研修法

必要な時に、必要な場所で、必要なだけの自動車部品がそろっていること、
これが自動車を効率よく製造する際の鉄則ですね。

 

この日本の会社が築き上げた自動車製造方法の手法は、
多くの国の自動車製造工程に多大な影響を与えました。

 

この事と同じことが、英語研修についても言えるのではないでしょうか。
必要な時に、必要な場所で、必要な英語表現に関する情報が集まってきたら、
業務は大きく改善し、効率化されるでしょう。

 

従来の英語研修では、英会話のレッスン時間や場所が決まっており、
将来業務に必要になると考えられるボキャブラリーや英語表現をレッスンしてきました。

 

いざ正式な英文レターを書くことが必要となった時には、
英語レッスン時の教科書や習った英語表現を書き留めたノートを探すことになります。

 

ノートの記録をもとに英文を作成してみても、
本当に自分の言いたいことを表現するための適切な文章になっているのか、
自信がないということがありませんか。

 

結局、次回の英語研修を待って英語講師に質問してみると、
表現を修正されて書き直すことになります。

 

締切り日は近くにせまっており、とりあえずレターをメールで送って間に合わせた
ということを聞くことが良くあります。

 

必要な時に、必要な場所で、必要な英語表現が得られたらどんなに便利でしょう。
その可能性を秘めているのが、オンライン英会話
(スカイプ英会話、Skype英会話とも言います)なのです。

 

必要な時に・・・正式英文レターを作成する時に
必要な場所で・・・会社の自分のデスクで
必要な英語表現を・・・オンライン英会話でネイティブ講師に聞く

 

例えば、正式レターを明日の午前中までに作成しなければならないとします。
会社で残業をして一生懸命作成してみましたが夜8時を過ぎてしまい、
周りのスタッフは帰ってしまっています。

 

オンライン英会話なら夜8時でも、明日7時の英会話レッスンの予約を入れることができます。
レッスン予約だけは入れ、今晩は帰途につくことにしました。

 

翌日、いつもより多少早めに出社して、自分のデスクにあるパソコンを開いて
7時からオンライン英会話のレッスンを開始します。

 

自信のない英文表現について質問し、次々と文章を整えていきます。

 

50分の英会話レッスンが終わる頃には、ネイティブが書いたのと
同等のレターができあがっていました。

 

8時30分頃スタッフや上司が出社する頃には、
もうすっかり正式英文レターを見てもらえる状態になっていたのです。

 

場所は自分のデスクばかりでなく、出張時のホテルでも同じです。

 

オンライン英会話は、このように柔軟な使い方ができるのです。
必要な時に、必要な場所で、必要な英語研修ができる。

 

これが、本当の英語研修ではないでしょうか。

 

 

 

オンライン英会話

 

 

 

>> オススメのネイティブ講師系英語研修スクールはこちら