ビジネス英会話 オンライン英会話 ランキング

TKT

現在、日本では小学校、中学校、高等学校、
そして大学においての英語教育の在り方が議論されています。

 

旧来のライティング、文法主体の英語教育から、
英会話を主体としたスピーキング、リスニング主体の英語教育への改革です。

 

その改革でのキーポイントは、
いかに英会話を教えられる教師を確保するかにかかっています。

 

その英語を教育する能力を検定するためのテストの1つにTKTがあります。

 

TKTとは、Teaching Knowledge Tests の頭文字を取った略称です。

 

英国のケンブリッジ大学の担当部会が、英語講師の指導能力を測定するために開発しました。

 

英語の先生として、学生を教育する時の知識を評価することを目的としています。

 

 

 

TKTの試験は、3つのカテゴリーに分かれています。
1番目は、英語の学び方や教え方についてです。
2番目は、英語の授業のプランニングとテキストの的確な利用の仕方に関わる試験です。
そして3番目が、英語の授業のプロセスマネージメントに関連した試験となります。

 

 

この試験は、英語を教えた経験が有るか無いかにかかわらず、
試験を受けられるのが特徴となっています。

 

要は、英語を教える実力、能力があれば、それを認定してくれるのです。

 

例えば、英国の大学では理科系の学科を専攻した方が日本に来て、
英会話を日本人に教えたくなったとします。

 

ですが、通常の英会話スクールでは、
ネイティブであれば誰でも英会話講師になれるわけではありません。

 

そこで、この英国人がTKTの試験に合格すれば、
英会話講師になれる道は開かれることになるでしょう。

 

企業が英語研修を実施した後で社員の英会話能力を評価する場合、
このような資格を持ったネイティブ講師に依頼すれば間違いありません。

 

また、日本の学校の英語担当の先生が、このTKTの資格を取れば、
実際の英語、英会話の授業に大いに役立つでしょう。

 

2020年には、学校における英語の授業が大幅に改定されようとしています。
その授業の中では、英会話が大きな比重を占めてくることが予想されています。

 

2020年には、どのように英語の授業を進めていけばよいか、
学校の英語担当の先生の間では大きな議論がこれから展開されていくことになるでしょう。

 

スカイプ英会話(オンライン英会話)は、
そのような英語担当の先生にとって福音となるのではないでしょうか。

 

それは、世界中のネイティブ講師から
英会話レッスンや英会話指導法のレッスンを受けられるからです。

 

これから、英語担当の先生は、ぜひスカイプ英会話の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

オンライン英会話

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>