ビジネス英会話 オンライン英会話 ランキング

TOEFL

今回は、TOEFLについてです。

 

このテストは、
英語を母国語としない学生を主な対象としているのが特徴と言って良いでしょう。

 

たとえば、日本の学生がカナダのバンクーバーやトロントなどに留学する際、
英語の理解力を測定するのに良く用いられます。

 

もちろん、企業が企業研修や社員研修を実施した後、
社員の英語能力を評価するのにも役立ちます。

 

TOEFLは、正確には Test of English as a Foreign Language と書きます。
この英文の通り、英語を外国語としている人々を対象としたテストなのです。

 

テストは英語の、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの検定からなっています。

 

 

 

リーディングテスト
英語の長文読解力を測定するテストとなります。
英文は、学術論文的な文章が多い傾向にあるようです。

 

質問は、文章の言わんとしている事に関する問い、ボキャブラリーに関する問いなどです。

 

この英語の長文を如何に短い時間で読むことができるか、
如何に内容を正確に把握できるかが問われる問題となっています。

 

 

 

ライティングテスト
英文を読んだ後、教授の講義を英語で受けます。
その後、英文と教授の講義の内容を文章にまとめます。

 

また、別の問題では、英語で質問が出され、
その質問に対して自分の意見を英文でまとめることを要求されます。

 

全体の文章の構成力、ボキャブラリーの正確さ、文法の正確さが問われる問題です。

 

 

 

リスニングテスト
大学での授業やその他の活動について、問題が出されます。
大学生活における英会話をいかに理解できるかを問う問題と言って良いでしょう。

 

 

 

スピーキングテスト
質問が出され、それに対して口頭で答える形式です。
自分が話をした英語での回答は録音されて、後で採点される仕組みになっています。

 

発音の流暢さ、正確さ、英会話の速さ、問いに対する答の的確さ、
が評価されることになります。

 

 

学生は、普段から英会話のトレーニングを積んでいないと高得点を得るのは難しくなります。

 

そのような時、スカイプ英会話(オンライン英会話)で、
スピーキングの訓練をするのはどうでしょうか。

 

例えば、留学先のカナダ出身のいるスカイプ英会話サイトを見つけて
、英会話のトレーニングを積むのです。

 

留学する前に、留学した時と同等の英会話レッスンを受ければ、
実際に留学した後でも心強いでしょう。

 

ぜひ、トライしてみては如何でしょうか。

 

 

 

オンライン英会話

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>