ビジネス英会話 オンライン英会話 ランキング

英検

日本で英語の能力を測定するのに有名なテストと言えば、
英検、TOEIC、そしてTOEFLでしょうか。

 

一番はじめに出てきた英検、略さずに書くと実用英語技能検定と言います。

 

日本の中では、昔から知られているテストで、それだけ長い歴史も持ち、
伝統ある英語能力検定試験と言って良いでしょう。

 

企業においても、企業研修や社員研修として英会話の研修をした場合、
研修の前後にこの英語能力検定試験を社員に受けさせ
、英語能力のアップ率を評価しているところがあります。

 

この、英語能力検定試験、レベルは、
1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級に分かれています。

 

もともとはこのように細分化されていませんでしたが、
1級と2級では英語能力に差がありすぎて、
もう少し細かくレベル別けしてほしいとの要望が多くなってきました。

 

そこで、1級と2級の間に準1級というレベルを置くことにしたのです。

 

実用英語技能検定では、1次試験に合格した人だけが、2次試験に進むことができます。

 

1次試験は、英文の質問に答える形式の試験となります。
すなわち、ボキャブラリーや英文法、リーディングの能力が試されることになります。

 

また、1級などのレベルの高い試験では、英作文の試験が課せられます。
ここでは、ライティングの能力が試されることになります。

 

この1次試験に晴れて合格した人が、2次試験に進みます。

 

2次試験では、試験官と英会話の試験になります。
英文を読んで、それに対して、試験官が質問をして受験者が英語で答えるなどの方法がとられます。

 

この2次試験を突破して、初めて合格となります。

 

1次試験は、中学校や高等学校の英語の試験とほとんど変わりませんので、
受験者はあまり苦労をしなくても済みそうです。

 

しかしながら、2次試験では英会話の試験となりますので、
リスニングやスピーキングの能力が必要になってきます。

 

中学校や高等学校では、この英会話に力を入れ始めていますが、
試験に合格するためには自分で勉強をしないとなかなか合格することが難しいようです。

 

英会話は、相手がいないと練習ができません。
そこでとても便利なのが、スカイプ英会話(オンライン英会話)です。

 

パソコンにインターネットが接続されていれば、
簡単に自宅でネイティブ講師と英会話のレッスンができるのです。

 

実用英語技能検定の合格を目指す人にとって、
このスカイプ英会話はとても便利な英会話練習のツールとなりうるのではないでしょうか。

 

 

 

オンライン英会話

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>