ビジネス英会話 オンライン英会話 ランキング

英語での交渉

一般的に日本人は、人の話をじっくり聞くのは上手であっても、
自分の考えを解りやすく論理立てて説明し、
相手を説得するのは下手であると言われています。

 

企業の経営者であっても、
原稿を作ってそれを多くの社員の前で話していることが多いのではないでしょうか。

 

日本人の間だけで仕事が済んでしまうのなら、それで問題は何も起こりませんでした。

 

しかしながら、現在はグローバリゼーションが進む一方です。
企業は海外に進出し、生産の拠点を低コストの地域にシフトさせています。

 

現地で自社製品の特長や組み立て方法を説明するのは、
世界共通語である英語によるコミュニケーションとなることが多いでしょう。

 

専門用語を英語で知らなければなりませんし、
他国の担当者に理解してもらわなければなりません。

 

また、国際的なビックプロジェクトでは、海外顧客に対し、
自社製品の優位性を十分にプレゼンテーションすることを迫られます。

 

たくみな英会話力なくして、大型プロジェクトの受注には結びつかないのです。

 

このような英会話の必要性に対し、企業では社員研修なり企業研修において、
英会話の訓練をしているところが数多くあります。

 

30年前までは、英会話講師を自社に呼んで、
会議室を使って社員に英会話を学んでもらっている企業が大部分でした。

 

ところが、その後、英会話を習いたい社員は、一般の英会話スクールで英語を学び、
企業がレッスン料金に対して補助金を給付するスタイルに変遷していきました。

 

しかしながら、
そのようなスタイルでは世界のグローバリゼーションに追いついていけない状況になってきたのです。

 

その現実に気が付いた政府は、小学校からの英語教育に乗り出しました。

 

 

そして、2つの重要なポイント、
1. 自分の考えていることを的確に表現できる能力
2. その考えを英語で表現できる能力

 

 

 

を、小学校、中学校の子供の頃から訓練する構想を描いています。

 

日本人が、国際社会でも自分を表現できるようにするための
抜本的対策に乗り出したと言って良いでしょう。

 

長期的視点に立ったこの抜本的な対策によって、
日本の人材が世界で活躍できる日を期待しています。

 

スカイプ英会話(オンライン英会話)は、
このような教育に少しでもお役に立つことを目指します。

 

 

 

 

オンライン英会話

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>