ビジネス英会話 オンライン英会話 ランキング

ビジネス英会話と日常英会話の違いとは

良くビジネス英会話という言葉を耳にしますが、
普段に話をしている会話と何が違うのでしょうか。

 

それは、日本語でのビジネスの会話についても同じことが言えるでしょう。

 

営業マンのセールストークとか、エンジニアの技術的打ち合わせの場でも、
ビジネストークが出てくるのを思い出してくだされば、ご理解いただけるかと思います。

 

最初に言えることは、ビジネスの業務は類型化したパターンがあり、
同じような状況が生まれやすいことではないでしょうか。

 

そのため、ある一定の英語表現が良く使われることになります。
ビジネス英会話では、頻繁に出てくる英語表現を、
集中的に覚えることになります。

 

例えば、
wrap up a meetingと言えば、打合せを終わりにしようという意味で、
会議の最後の場面には良く出てくる表現です。

 

Let’s call it a dayと言えば、今日の仕事は終わりにしようという意味で、
職場の中で聞くことが多々あります。

 

職場の中や打合せの際には良く出てくる英語の言い方ですが、
日常の会話の中ではあまり使いませんね。

 

また、ビジネス英会話では顧客に対して失礼のないように、
敬語の使い方が重要です。

 

「ありがとう」という表現1つを取ってみても、
日常会話ならThanksで済んでしまいますが、
ビジネス英会話では、I appreciate it.という言い方が多く使われます。

 

この敬語の使い方、丁寧な言い方を覚えるのは、
ビジネス英会話の目的の1つです。

 

次に、ビジネスの場合は顧客に対する説得ですから、
データを基にした論理的な説明、判りやすい説明が求められます。

 

顧客に会う前に資料を用意し、プレゼンテーションをすることになります。
1つ1つのポイントをまとめて、説明していくことになります。

 

日常会話の場合は、その場で思いついた事を楽しみながら、
話していくことが多いですね。

 

この論理的な英語表現のまとめ方は、
ビジネス英会話の特徴の1つと言って良いでしょう。

 

最後に、ビジネス英会話には厳密性が求められます。
そのため、英語を1つの文章にして言うことが大切になってきます。

 

日常会話では、自分の考えが伝われば良いので、
英単語1つを言って、意志の疎通を図ることは良くあることです。
ビジネス英会話の場合は、そのようにはいきません。

 

オンライン英会話のネイティブ講師の中には、
ビジネス英会話の教育に多くの経験を持つ講師がいます。

 

ビジネス英会話を習いたい方には、ぜひそのような講師を見つけて、
レッスンを受けることをお奨めします。

 

 

オンライン英会話

 

 

<<おススメのビジネス英会話スクール>>