ビジネス英会話 オンライン英会話 ランキング 

オンライン英会話の格安な理由

 

オンライン英会話(スカイプ英会話)は、通学式英会話スクールと比較して
とても格安なレッスン料金となっています。

 

フィリンピン人講師の場合は、日本の平均賃金に比べて1/5〜1/10
の賃金となっています。

 

フィリピン講師系オンライン英会話が破格のレッスン料金となっている
一番大きな理由は、この賃金の違いにあります。

 

ところが、ネイティブ講師のオンライン英会話の場合であっても、
通学式と比較して1/3〜1/4のレッスン料金となっています。

 

オンライン英会話もビジネスですから、設定したレッスン料金で
利益がでなければ企業として存続できません。

 

では、この格安性(激安と呼んで良いと思います。)は、どこからきている
のでしょうか。

 

◆教室のテナント料と付属品
通学式英会話スクールの場合は、英会話レッスンを行うための教室が
必要となってきます。

 

しかもこの教室は、受講生が通学しやすいように駅前であるとか、
都市の中心地区に立地することになります。

 

教室があれば、そこに英会話スクールがあることが分るような大きな
看板もなくてはなりません。

 

また、教室内では受付デスク、雰囲気を良くするための照明、エアコン、
テーブル、いす等の備品が備え付けられています。

 

一方、オンライン英会話の場合は、本社を必ずしも都市の一等地に構える
必要がありません。

 

極端な話をすれば、インターネットさえ接続できれば場所を問いません。
備品も、パソコンとエアコン、テーブル、いすがあれば十分なのです。

 

また、通学式教室の機能は、オンライン英会話ではウェブサイトと講師、
受講生の自宅のパソコンがその役目を担うことになります。

 

通学式では、生徒が増えれば教室の数を増やす、あるいは部屋数
を多くすることによって対応することになりますが、オンライン英会話では
サーバーの容量を大きくするだけで済んでしまいます。

 

 

◆人件費
通学式英会話スクールの教室では、教室毎に運営していくための組織が
必要になります。講師以外に教室の管理責任者、スタッフが居ます。
この社員が、教室毎に必要になってくるのです。

 

オンライン英会話の場合は、受講生や講師の管理、レッスンの運営を運営
システムプログラムが担うことになります。受講生の人数が多くなった
としても、基本的には同じプログラムで処理することができるのです。

 

 

◆その他の経費
教室毎に、電気、水道は必ず必要になります。オンライン英会話の場合は、
本社でそれらの経費が必要になります。

 

以上列挙したもろもろの経費は、全て受講生が負担することになります。
それが通学式英会話スクールとオンライン英会話スクールのレッスン料金
の差の原因となっているのです。

 

オンライン英会話が低料金となるのはメリットなのですが、忘れてならない
のは、低料金であっても受講生へのサービスが落ちないようにしなければ
ならないことだと思います。

 

ウェブサイトに問い合せ欄や、コールセンターを設けるなどして受講生への
サービスを欠かさないことが大切なのではないでしょうか。

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>