オンライン英会話 ビジネス英会話 企業研修 ランキング

海外出張用英語研修

ビジネス英会話

企業が海外と取引している場合、社員が海外出張を命ぜられることは、必ずあると言って良いでしょう。

 

海外と取引のある企業は、普段から英語研修を社内教育の一環として実施しているのが普通です。

 

通常の英語研修ですとグループレッスンとなるでしょうが、初めて海外出張される社員には、マンツーマンの英語研修をお奨めします。

 

初めての海外出張者には、出張先でのプレゼンテーション、海外旅行としての
日常英会話、緊急時の対応と場面、場面でのリスニングとスピーキング
が必要となってくるからです。

 

マンツーマンレッスンは料金が高くなりますので、格安のオンライン英会話
はいかがでしょう。

 

では、それぞれの場面での英会話について見ていきましょう。

 

1 プレゼンテーション

 

海外出張の主目的ですので、大切な場面となります。

 

  良くパワーポイントに簡潔に要点をまとめておいて、顧客に説明する
  ことが多いですね。

 

  ただし、あらかじめ準備ができますので、どのように英語で説明するか
  を入念に考えておくことが大切です。
  技術用語を含めて、しっかり頭の中に入れておきましょう。

 

  問題は、プレゼンテーションの後の顧客の質問にいかに適切な回答が
  できるかでしょう。
  ここで、真の英会話力が試されることになります。

 

  普段からの英語研修をどれだけ真剣に受け、英会話の勉強にどれだけ
  時間を割いているかにかかってきます。

 

  マンツーマンのオンライン英会話を通じて、しっかり勉強しておきましょう。

 

2.海外旅行としての日常英会話

 

  空港の待合ロビーに入ったら、そこはもう海外と同じです。

 

  海外目的地の空港に着いてからの諸手続き、ホテルまでの交通機関の利用、
  ホテルでのチェックインなどの場面での定型的な言い回しを
  覚えておかなければなりません。

 

  ショッピングやレストランでの食事などもすることになるので、
  英語研修で習った事が役立つ場面です。

 

  また、初対面の顧客との挨拶の仕方なども、この範疇に含まれるでしょう。

 

3.緊急時の対応
  実は緊急時の対応が、海外出張時にはもっとも難しく重要な事なのです。

 

  普段はまさか海外で病気になることはないと考えて、胃薬や風邪薬を持参
  するくらいです。

 

  ところが、いざ病気になったり、事故に巻き込まれたりした時には
  なかなか対応できないのが普通ではないでしょうか。

 

  体の各部位や内臓の英単語がすぐに出てくる人は、英会話の上級者でしょう。
  各国には日本語の分る病院リストがありますので、活用することを
  考えるべき場面でしょう。

 

  その他にも、仕事上の緊急対応をせまられることもあります。

 

 

  海外出張時には、自分の英会話の能力が試されることになります。
  少しでもいろいろな場面に対応できる様、英会話を普段から勉強
  しておきたいものです

 

 

 

>> オススメのネイティブ講師系英語研修スクールはこちら

 

 

 

ここで、海外出張研修の方法について少し詳しく述べていきます。

 

→ 自身のビジネス英会話レベルを知る。
企業の海外出張研修の中でも、達成度を測るためにテストはあると思いますが、
一般的にはTOEICテストや英検テストを受けてみることをお奨めします。

 

そのスコアにより、
海外出張を命じられた時の業務遂行能力を、
おおまかにでも把握することができるからです。

 

また、英会話の勉強を継続していく上でも、
定期的に英語検定試験を受けスコアがアップしていけば、
勉強の励みにもなるものです。

 

出張研修を受けている同僚とも、スコアを比較してみましょう。
お互いに自分の実力を知られるのは恥ずかしい部分もありますが、
一方で励みにもなります。

 

同僚のスコアが高ければ、
その同僚を目標にしてオンライン英会話を勉強すれば良いですし、
自分のスコアが高ければ、
英語の必要な会議などに同僚を同席させる機会を
見つけてあげることなどに役立つからです。

 

ただし、気を付けたいのは、TOEICのスコアが高いからといって、
ビジネス英会話が上手であるとは限らないことです。

 

記憶しているボキャブラリー数が多く、リスニング力があっても、
ビジネス場面でのスピーキング力は別の能力が必要だからです。

 

自分の頭の中にあるボキャブラリーのタンスの中から、
瞬間的に必要な英単語を引き出し、英文を構築する能力が要求されるからです。

 

とは言え、海外出張研修のPLAN、DO、SEE、ACTIONの
最初のPLANを設定するための指標は必要ですから、
英語検定を受けることが必要になるわけです。

 

スピーキング力の向上は、海外出張研修のポイントになるわけですが、
では、スピーキング力を付けるためにはどうすれば良いかを、
考えてみましょう。

 

まず、ビジネス英会話と言っても、
理系のエンジニア、研究員などは、
専門的な知識を基にした英語でのディスカッションとなります。

 

出張研修の時でも、
英語の専門用語をしっかり覚えるように心掛けなければなりません。

 

その専門用語の綴りを覚えた上で、
オンライン英会話でネイティブ講師から、
発音についてのアドバイスを受けるようにすると良いでしょう。

 

リダクションやリエゾンの発音やアクセントが正しくないと、
ネイティブには全く通じないことがあります。

 

やむを得ず、ネイティブに英単語を書いて見せて、
やっと理解してもらえたといった例を同僚から聞いたことがあります。

 

これでは打合せもなかなか進みませんから、
オンライン英会話を利用した海外出張研修で、
しっかりとネイティブ講師から発音のトレーニングを受けるようにしてください。

 

 

→ 実際に海外顧客と打合せる

 

海外出張の準備を、オンライン英会話を利用して準備したら、
次は本番です。

 

英語だけで顧客に説得力ある説明するのは難しいことですから、
前半でも説明した通りパワーポイントなどを利用して、
グラフや絵を準備するのは当選です。

 

打合せの時には、ネイティブの言っていることに集中しましょう。

 

よく前に出された相手の質問に対する回答の英文などを頭の中で考えていると、
現在ネイティブの言っていることを聞き逃してしまうことがあります。

 

これでは、打合せにはならないのです。

 

ネイティブが発言しているときには、注意力を集中して聞き、
自分の発言の場面は回ってきたら、一瞬で言うべき英文を頭に描いて、
述べるようにします。

 

この能力を磨くには、オンライン英会話のネイティブ講師と、
繰り返し、繰り返し、レッスンをすること以外に方法はありません。

 

海外出張の場合は、普段の業務とは異なる雰囲気の中で、
ビジネス英会話の能力が要求されるために、
徐々に慣れていくように心掛けましょう。

 

 

→ 打合せを反省してみる

 

海外出張の帰途についたら、顧客との打ち合わせでの、英会話的部分での
反省を行ってみることも大切です。

 

後になって考えると、このような英語表現を使うべきであったとか、
言いたい単語が出てこなくて、説明に苦労した場面が思い出される
ことが多いものです。

 

明日からは、また別の業務が待っているのです。

 

帰りの飛行機の中でポイントだけでも良いので、
ノートに整理しておきましょう。

 

帰国してからの、オンライン英会話でのレッスンに必ず役立つと思います。

 

 

海外出張のための英会話研修法

オンライン英会話

海外出張の社命が出そうな時は、おおよそいつ頃に社命がでるか予想がついている場合が多いものです。

 

海外案件の担当になったら、いつかは海外出張に行かなければならなくなる機会が来ると覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

ビジネス英会話の研修も、事前に始めておく位の周到さが必要です。

 

社命が出てからでは、海外へ出発するまでの期間も短く、
飛行機のフライトの手配などの雑事をまとめて処理しなければならなくなり、
ビジネス英会話の研修を受ける時間的な余裕がなくなることが多いのです。

 

では、ビジネス英会話の研修法には、どのような方法があるでしょうか。

 

 

オンライン英会話
オンライン英会話は自宅でも会社内でも
場所を問わずビジネス英会話の研修ができますので、
とても便利です。

 

企業の出張研修の一環として英会話の研修をする場合でも、
わざわざ英会話学校からネイティブ講師を企業まで
派遣してもらう必要がありません。

 

ネイティブ講師を企業まで派遣してもらう場合には、
講師の交通機関による移動を含めた労働時間や交通費は、
すべて経費として英会話学校のレッスン料金に含められ、
研修を依頼した企業が負担することになります。

 

オンライン英会話なら、
パソコンさえあれば社内会議室を利用しての研修が可能です。

 

パソコンは既存のパソコンを利用すれば良いので、
研修時間に対応する料金を支払いさえすれば済むのです。

 

その費用の差は、歴然としています。

 

また、オンライン英会話を利用した場合、
マンツーマンレッスンを選択できますで、今回の海外出張の目的に沿って、
必要な英語表現なり言い方について教えてもらうこともできます。

 

さらに出張する国に合わせて、
アメリカ系の講師や、イギリス系の講師などを選択することができます。

 

それは、次のような利点をもたらします。

 

・ネイティブの出身国によって、
同じ事を表現するのにも使う英単語が異なる場合がありますし、
スペルや発音も異なってきます。
海外出張前に、しっかりと研修によってその違いについて学ぶことができます。

 

・最近の海外出張先の現地事情について、
現地在住のネイティブ講師から情報を入手することができます。

 

このようにオンライン英会話は、海外出張直前の英会話研修法として、
とても適した面を多く持っているのです。

 

 

企業での出張研修
ネイティブ講師に会社まで出張してもらって英会話研修を行うことは、
以前から行われてきました。

 

この出張研修の最も良い点は、
1つの部屋で直接ネイティブ講師から英会話の研修を受けることができることです。

 

海外出張した際には、まさに顧客と直接会って打合せをすることになりますから、
本番のリハーサルを行うことができます。

 

企業にとって、教育訓練費が高くなっても即効薬的な研修を許容できるなら、
最も効果的な英会話研修法と言って良いでしょう。

 

 

英会話スクールに通学
会社や自宅の近くに店舗型の英会話スクールがあるなら、
その英会話スクールに通学して、英会話レッスンを受けることも考えられます。

 

ただし一般のビジネスパーソンですと、
平日であれば夜にレッスンを受ける、
あるいは、会社の休日に自宅近くの英会話スクールに通学することになります。

 

英会話レッスンのできる時間帯が限られてしまうことが多いのですが、
企業での出張研修と同様に、
直接ネイティブ講師とフェイスツーフェイスの
英会話レッスンができる利点があります。