オンライン英会話によるカランメソッド

カランメソッド

カランメソッドは、
ダイレクトメソッドなどの種々の英会話教育メソッドをもとにして、
1960年代にカラン氏によって作られました。

 

講師の質問に対して、
答えをオウム返し的に繰り返していく方法が、
カランメソッドの特徴です。

 

ネイティブのスピードあるいはそれ以上のスピードで、
質問と回答を繰り返すことによって、
頭の中に自然に英語脳を作り上げていくことを目指しています。

 

反射的な英会話力を伸ばしていくこの方法は、
1から12までのステージで構成されています。

 

この手法が効果的なレッスン方法となるためには、
生徒の英会話力がある一定以上あることと、生徒の努力にかかっています。

 

このカランメソッドは、オンライン英会話で実践するのが向いていると思います。

 

まず講師と生徒は、1対1でレッスンするのが基本です。
それに、講師の質問に対しオウム返し的に声を出して回答していくトレーニングです。

 

周りに人がいない自分の部屋でできるオンライン英会話なら、
周囲に迷惑をかけることなくレッスンができるからです。

 

それではカランメソッドを取り入れているオンライン英会話スクールを、
いくつかご紹介しましょう。

 

 

QQ English
非ネイティブ系のオンライン英会話スクールですが、
ビジネス英会話のレッスンにカメランメソッドを取り入れています。

 

ビジネス英会話の中でYes、Noだけで答えるのではなく、
フルセンテンスの回答ができるようにしていく、
習慣付けしていくレッスンを行います。

 

また繰り返しの反復練習により、
現在完了形や過去完了形の使い方、
正確な発音を混乱せずに使えるようにレッスンしていきます。

 

これらのトレーニングにより、
ネイティブの発音が聞き取れるようになるとのことです。

 

明治大学において、
オンライン英会話でカメランメソッドによる英会話学習を行ったところ、
21名の大学生のTOEICテストのスコアが、
80時間の学習によって最高250点高くなり、
平均でも110点高くなったそうです。

 

実際にこれだけの効果のある英語学習法は、
簡単に創作できるものではありません。

 

 

イングリッシュベル英会話
イングリッシュベル英会話では、
カランメソッツドをさらに発展させたDMEメソッドを作り、
ビジネス英会話の上級者向けにレッスンを行っています。

 

カランメソッドのステージ12の試験で、
75%以上のスコアを取った方のみが利用できる、
究極のビジネス英会話用カランメソッドと言って良いでしょう。

 

カランメソッドは英会話の中級者以上の方が取り組むと、
効果があると思います。

 

この学習法でレッスンができるように、
まずは、しっかりとネイティブ講師系のオンライン英会話で
レッスンされることをお奨めします。

 

 

 

 

オンライン英会話

 

 

 

 

 

 

>>おすすめのオンライン英会話スクール<<