オンライン英会話 ビジネス英会話 ランキング

オンライン英会話でのグループレッスン法

 

英会話レッスンの方法には、大きく分類してマンツーマン、
グループレッスン、講義式があります。

 

マンツーマンレッスンは、ネイティブ講師1人に対して
受講生1人がレッスンを受けることになります。

 

受講生のレベルに応じてネイティブ講師が
適した教材を選び、語彙やスピーキングのスピードも
受講生に合わせてレッスンを進めます。

 

受講生にとってみれば、自身のレベルでの
英会話の練習ができることになります。

 

受講生は一人なので、周りに日本人が居ませんから
恥ずかしがらずに喋れるという方もいます。

 

ただし、最大の問題はレッスン料金が高くなってしまうことです。
通学式英会話スクールの場合、マンツーマンレッスンは40分1回で
6000円〜7000円程度のレッスン料金になります。

 

月に8回のレッスンを受けたとして、
約5万円の費用がかかることになります。

 

一方、通学式英会話スクールのグループレッスンは
最大8人までの人数でレッスンを
することになっているスクールが多いようです。

 

実際には3人程度でレッスンを受けているのが実情の様です。

 

一人の受講生がスピーキングしている間は、
他の受講生はそのスピーキングを聞いている事になる訳です。

 

自分がスピーキングをする番になった時に
何を話すかを考えるゆとりができるのと、

 

他の受講生の英語表現が新鮮で参考になることがあるのが、
グループレッスンの特徴と言って良いでしょう。

 

また、費用の面でも安くなり、通学式英会話スルールの場合ですと
50分のレッスンを月4回受けて
大人1名で9000円程度のレッスン料金となります。

 

講義式の英会話レッスンでは、1人のネイティブ講師に
20人〜30人が受講することになりますので、
受講生がスピーキングをする機会はほとんどありません。

 

実質的にリーディング、ライティングや文法のレッスンとなります。

 

30年前の英語の企業研修では、
この講義方式の英語研修が多かったようです。

 

最近、オンライン英会話(スカイプ英会話、Skype英会話)が、
英会話レッスンに使われるようになってきました。

 

パソコンにSkypeソフトをインストールすれば無料で
映像を見ながらスピーキングができることから、
普及し始めました。

 

このオンライン英会話の場合も、
マンツーマンとグループレッスンがあります。

 

マンツーマンレッスンは、パソコン1台あれば
画面を通してネイティブ講師とレッスンができます。
一番シンプルな英会話レッスン方法といって良いでしょう。

 

一方、オンライン英会話のグループレッスンの場合は
2通りの方式があります。

 

一つの方式は、講師一人に対して4人程度の受講生が
自分の好みのアバダーを選択して、レッスンを行います。

 

順番にパソコン画面上に出ている写真や文章を見ながら
講師の質問に答えていく、
あるいは英語の質問文に答えていくシステムです。

 

講師の顔は画面を通じて見えるのですが、
受講生は互いの顔が見えません。

 

この方式ですと、順番に画面に出ている英文の質問に
答えていくだけですので、人と人とのコミュニケーション
という意味からは物足りなさを感じざるを得ません。

 

一方、テレビ会議方式でのグループレッスンがあります。

 

この方式は、テレビのカメラの前に4人程度の受講生が集まって、
テレビの大画面に映し出されるネイティブ講師の画面を見ながら
英会話レッスンを行うことになります。

 

通学式英会話スクールのグループレッスンを、
そっくりそのままテレビ映像を通してのレッスンに置き換えた方式です。

 

しかも、この方式にすれば通学式英会話スクールの1/4程度の
レッスン料金で済むので格安です。

 

テレビ会議方式グループレッスンの格安性、職場や自宅でできる利便性、
そしてネイティブ講師の映像を見ながらのレッスンの質の高さは
英語研修にふさわしい方式と言えるでしょう。

 

 

 

>> オススメのネイティブ講師系英語研修スクールはこちら