オンライン英会話 ビジネス英会話 ランキング 

オンライン英会話のセキュリティー

 

 

近年、ネットショッピングや銀行間取引、クレジットカード決済など、インターネットでのお金の取引量が増大しています。

 

お金の取引ばかりでなく、氏名や住所、年齢などの個人情報をインターネットで扱う企業は、飛躍的に増えてきています。

 

スカイプ英会話(オンライン英会話)や学習塾産業でも、氏名やメールアドレス、レッスン料金のやり取りをインターネットを通じて行なっています。

 

これらの重要情報が、関わりのない第三者に流出したら大変な問題に発展してしまいます。

 

実際、大手学習塾の生徒の個人情報がITサービスエンジニアから漏れ、新聞で報道される事件にまで発展した事件は記憶に新しいですね。

 

そこで、スカイプ英会話では、これらの重要な情報をインターネットを通じて交信する場合、SSL技術(Secure Socket Layerの略称)を利用し、情報を一旦暗号に変換して送信するようにしています。

 

SSLには、クイック、企業、そしてEV SSLの3つの認証方式があります。

 

ドメインの認証のみを取り扱うのがクイック認証、ドメインの認証と企業組織が法律的に存在していることを認証するのが企業認証となります。

 

さらに、EV SSLでは企業認証の条件に加えて、企業が実際に活動していることを確認します。

 

このSSL技術を利用しているかどうかを見分ける方法としては、URLの最初がhttpsとs文字が入っていることを確認します。

 

スカイプ英会話を利用するにあたっても、ご自身の名前や住所などを送信することになりますので、この点をぜひ確認してください。

 

また、スカイプ英会話でレッスン料金を支払うにあたっても、情報の流出はあってはならないことです。

 

クレジットカード情報を取り扱うのには、極めて高いセキュリティーシステムが要求されます。

 

そこで、多くのスカイプ英会話では、カード情報を取り扱かわなくても良いように、レッスン料金の入出金業務を専門の会社に委託しているのが一般的なようです。

 

たとえば、PayPalと言う世界的な決済会社があります。PayPalの安全性は、高い評価を受けていますので、安心して良いでしょう。

 

スカイプ英会話を選ぶ場合には、セキュリティーについてのポリシーを持っているか、そのポリシーに従ってどのようなシステムを採用しているかも、スクール選択の判断材料の1つにすると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>