オンライン英会話 ビジネス英会話 ランキング 

オンライン英会話の法律

 

 

英会話スクールに関連した法律はいくつかありますが、その中で受講生に関係した法律として、特定商取引法があります。

 

この法律は、受講生の保護を目的とした法律です。

 

もともとは、家庭教師や学習塾、パソコン教室、結婚相談所、エステティックなどのサービス業に属する企業において、お客様と企業間の問題を防ぐことを目的として作られました。

 

上記のサービス業などでは実際にそのサービスを受けてみないと、お客様が説明を受けていた内容通りであるのか、わからない部分がでてきます。

 

企業側の事前の説明と実際に受けたサービスではあまりに隔たりがあると、お客としては中途で契約をキャンセルしたくなる場合が出てくる訳です。

 

ところが、お客が中途解約をしようと思っても、企業側が契約書をたてにとって解約を認めなかったり、逆に手数料を請求するケースが出てきたのです。

 

そのため、この法律が制定されました。

 

この特定商取引法が適用されるサービス業は、下記のようなケースです。

 

エステティックの場合は、期間が1ヶ月を超えて、しかも料金が5万円を超えるようなサービスを提供する場合。

 

その他の企業では、期間が2ヵ月を超えて、しかも料金が5万円を超えるようなサービスを提供する場合です。

 

オンライン英会話(スカイプ英会話)では、上の条件に当てはまらない場合がほとんどですが、レッスンや企業としての透明性を確保するために表示しているスクールがほとんどのようです。

 

(一般の企業が社員研修の一環としてオンライン英会話を利用する場合に、特定商取引法に基づいた表示があった方が、オンライン英会話の利用数ランキングに影響してくるためでしょうか。)

 

オンライン英会話を例にとって典型的な表示項目を示すと、以下になります。

 

・オンライン英会話の学校名、代表氏名、電話ナンバー、メールアドレス
・オンライン英会話の授業内容と授業の品質
・オンライン英会話のレッスン料金、料金支払い方法など
・オンライン英会話のレッスン料金以外にかかる費用内容(例えば、教科書代金など)
・中途解約の方法について

 

企業研修にオンライン英会話を利用する場合、企業側から社員研修を行うに当たっての要望が数多くでてきます。

 

当然、社員研修の前に企業とオンライン英会話の担当者間で、レッスンテーマやレッスン時間などの研修内容について、打合せが必要になってきます。

 

その意味で、体表者氏名や、電話番号、メールアドレスなどの連絡手段が書いてあったほうが便利ですし、企業に対しての信頼も増すでしょう。

 

オンライン英会話のウェブサイトを見る時には、ぜひこの特定商取引法の表記内容も確認してみてください。

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>