海外赴任用ビジネス英会話研修2

海外赴任用ビジネス英会話研修2

海外赴任する場合は、仕事のためのビジネス英会話に加えて、
生活するための日常英会話も大切になってきます。

 

海外赴任の社命が出たら、できるだけ日常生活の場面を想定して、
英会話のレッスンを行っておきたいものです。

 

と言うのも、海外赴任は生活パターンがかなり変わる可能性があり、
英会話ができれば、難局でも何とか乗り切れるケースが多いからです。

 

例えば日本では会社への通勤は、多くの場合、
鉄道を利用するか、地下鉄を利用しています。

 

ところが、アメリカなどでは、ほとんどの場合、車で通勤することになります。

 

会社で車を準備してくれれば良いのですが、自分で車を購入するとなると、
英会話能力が試されることになります。

 

海外赴任した場合には、最初に購入する車は、
新車ではなく、中古車をお奨めします。

 

交通事情や交通ルールの違いがありますので、最初は車を多少こすっても、
気にならないようにしておいた方が良いのです。

 

外国では、ボンネットなりバックミラーが歪んだ車を良くみかけます。
万が一、部品が曲がっても気にならない中古車をお奨めする由縁です。

 

また、保険を掛けたり、税金の支払い手続きなど、
煩雑な作業をしなければなりません。

 

このような日常的な作業を英語で進めなければならないのが、
海外赴任なのです。

 

さて、車を買ったら、現地の人に交通ルールを良く聞いておくことが
大切です。

 

例えば、信号の無く、「止まれ」の標識も無い交差点は、
アメリカでは以外に多いのです。

 

日本であればこのような交差点では、いずれかの道路側に「止まれ」
の標識が必ず付いていますね。

 

アメリカではこのような交差点では、
必ず車は一時停止することになっているのですが、
先に停止した車が先に通る権利があります。

 

また、道路のロータリーでの優先権なども、
知っておかなければならないルールですね。

 

ハイウェイは整っていますので、車の運転は快適です。

 

ただし、最初の頃は行先の標識が出ていても、英語の地図が頭に入っていませんから、
行先が正しいのか心配になってきます。

 

隣に地図を持った人が同乗していて、行先を確認してくれればまだ良いのですが、
一人で運転する場合は、心細くなるものです。

 

3車線の道路の一番右側を走っていて、
いつの間にか行先の違う別のハイウェイに入ってしまった、
という話は良く聞く話です。

 

この場合、真ん中の車線を走っていれば、まず安心して運転できます。

 

車を例にしましたが、ルールが大きく違うのが、外国です。

 

海外赴任したら、このようなルールの違い、生活様式の違い、文化の違いに
遭遇します。

 

日本に居る間にビジネス英会話と日常英会話をしっかり勉強し、
このような違いを楽しむくらいの気持ちで、
海外赴任していただきたいものです。

 

 

 

 

オンライン英会話

 

 

 

>> オススメのネイティブ講師系英語研修スクールはこちら